2008年09月17日

1時間足スキャルピング手法(2)

この手法は、一つのインディケーターで取引します。
これに他のインディケーターを加えてみたいと思います。
長い時間足で有効なのは、MACDです。
結構いい感じでダマシを回避してくれそうです。
WS000239.JPG
(クリックで拡大できます)

チェックサインのところがダマシになっています。

4時間足です
WS000240.JPG
(クリックで拡大できます)

これでも回避できるのであまり意味無いかも?w
2つのインディケーターで確認すれば精度が上がると思います。

後はZigZagというインディケーターを使って
ストップの目安にしてもいいかもしれません。
WS000241.JPG
(クリックで拡大できます)

オススメスキャル口座を紹介します。
外為オンラインです。
ドル円・ユーロドルのスプレット固定1銭が魅力です。
固定なので早朝や深夜でもスプレットが変動しません
指標時などでもスプレットが1銭なので指標スキャルでも使えます。
私もここをスキャル用に使っていますw
下のバナーから口座開設できます。


今なら5000円のキャッシュバックキャンペーン中です。
よろしければこの機会にどうぞ!!

ブログランキングに参加しています
よかったらクリックお願いします^^→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ




2008年09月16日

1時間足スキャルピング手法

これまで、短い時間足のスキャルピングを紹介してきたので
今回はちょっと長い足の手法です。
しかもこの手法はかなりシンプルです。
Heiken Ashiという名前です。
インディケーターとしてかなり有名なので見たことある人もいると思います。
こちらから見れます→本家のページ

本家のページからHeiken_Ashi_Smoothed.mq4をDLして下さい。

こんな感じに表示されます。
WS000236.JPG
(クリックで拡大できます)

ショートの場合は、の次にになった時です。
文章じゃわかりにくいかもしれませんので画像を載せます。
WS000237.JPG

エントリーが矢印です。
青の次に赤になったのを確定してから入ります
ストップは間近の高値・安値になります。
この場合だとエントリーが1.4130ストップが1.4167
リミットを損切りの2倍にします。
1.4167-1.4130=37 37*2=74 で74pipsのリミットを設定します
ロングはこれと逆です。

他にも条件があります。
1時間足ならば4時間足でHeiken_Ashiを確認します
4時間足でロングサインが出てる場合はロングで入ります。
日足ならば週足のHeiken_Ashiを確認します。
これがこの手法のフィルターになります。
先ほどの画像の4時間足です
WS000238.JPG

サインのところがエントリーしたところです。
4時間足もロングサインが出ています

最後に、スキャルピングにオススメの口座を紹介します。
CMSは、チャートの操作性が業界随一です
VTチャートはテクニカルも豊富な上に見やすいです。
レバレッジも400倍からとスキャルに適しています。
スプレットもドル円・ユーロドル2銭となっています。
キャンペーン中で5ロット以上注文され、5ロット以上決済された場合、スプレット1銭分キャッシュバックされます。
下のバナーから口座開設できます


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします^^→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

2008年09月13日

5分逆張りスキャル手法(3)

この手法にちょっと手を加えていきたいと思います。
逆張り手法ということで、レンジ相場に力を発揮します。
ではレンジ相場かそうじゃないか
どう判断するか?」が重要になってきますね。
これはどの時間足で見るかによって違います。
5分でトレンドが発生していても、1時間足ではレンジ相場だったり
月足でみると、今現在もレンジ内と表現できますw
これはすごく曖昧なところなのですか、
自分である程度の線引きが必要です

私が考えているのは、15分足のADXの反応があるかないかを見て
今回は逆の発想で、ADXが反応してない=レンジ相場 ということです
メタ4はADXが他の業者と反応の仕方が違うので
メタ4のADXも見てますが、確認としてVTチャートのADXも見ています
ADXが上昇してる場合は、トレンドが発生していると判断して
下降と平行の場合は、トレンドがないと判断します
WS000224.JPG
(クリックで拡大できます)

赤い線の間がトレンドが無い状態と判断します
レンジ内での動きに収まっています。
ADXの数値は30にしています。

VTチャートの15分足です。
下のインディケータがADXです。
WS000225.JPG
(クリックで拡大できます)

ここで注意が必要なのは、
トレンドの発生は短い足から発生するということです
1分足→5分足→15分足・・・・4時間足とトレンドが出てきます。
なので、15分足でトレンドが出てないから大丈夫だということにはなりません。
その時は、ルールに従って損切りをすれば問題ありません

先ほど紹介したVTチャートはCMSが扱っています。
ドル円・ユーロドルのスプレットが固定で2銭
今なら一回5ロット以上取引すると実質スプレットが固定1銭になります
レバレッジも400倍とスキャルにはもってこいです
操作画面も使いやすく、約定も文句なしです。
下のバナーから口座開設できます。


posted by take2 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Paulusさん5分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

5分逆張りスキャル手法(2)

今回はこの手法の追記になります。
エントリーですが、
ショートの時は上昇している状態でKeltnerチャンネルより外で
陰線がでた次のローソクでエントリーですが
この時の陰線が大きすぎるとエントリーしない方がいいかもしれません
チャート上の点線がKeltnerチャンネルです。
これをクリックすると色の設定があるのでそこで1を表示して下さい
すると白い点線が出てくるので、
終値が白い点線以上だとエントリーを見送ってもいいかもしれません
WS000215.JPG
(クリックで拡大できます)

そして次にRSIの使い方ですが、
これはある程度トレンドが出た場合のフィルターとして使います。
上昇トレンドになった場合、この手法だとショートが続きます
それを回避するためにRSIを使います。
このチャートを見て下さい
WS000216.JPG
(クリックで拡大できます)

最初のサインは、RSI関係なしでショートエントリーします。
次もショートなのでRSIを見ますすると前よりもRSIが下がっています
この場合は見送りです
次もショートエントリーですがRSIが前よりも下がっています
よってこれも見送りです。
最後は、前のRSIよりも上がっているのでエントリーします。

現在PaulusさんはこれにADX(4)などもあてているみたいです。
使い方としては、短いADXの反応を見る感じだと思います

このスキャルは回数がとても大事ですね。
そのためにはあまりコストがかからないFX業者が理想的です。
そこでおススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 07:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Paulusさん5分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

5分逆張りスキャル手法

今回紹介する手法は、Paulusさんが考案した逆張り系の手法です。
逆張りというのは、売られすぎ・買われすぎを判断して
売られすぎた分戻るだろうという考え方です。
本家の記事は→ 5 Min Keltner System

まず必要なインディケーターをDLします。
DLページ
WS000211.JPG
(クリックで拡大できます)

現時点でのルールを説明します。

ロングの場合(ショートはこの逆です)
1.ローソク足が確定した時に価格がケリーバンドの下にある
このケリーバンドは赤と青の点線です。
2.ストキャスティクスDiが30以下
3.ストキャスティクスが20以下(赤くなっているのでわかります)
4.ローソクと普通のストキャスティクスが同時に上昇

エントリーは、ケリーバンドの下にローソクがある場合に
陽線が出た場合その陽線の終値の2pips下に買い注文を出します
ストップは陽線の一個前の陰線の安値より1pips下に置きます
WS000214.JPG
(クリックで拡大できます)

黄色い×のローソクの安値がストップになります。
そして次のローソクの陽線がエントリーの目安になります
実際にエントリーしているのは黄色い矢印の部分になります。
利益確定は親指のところ(赤い点線をタッチ)です。

利益確定などは、みんなで意見を出し合ったりして変わってきています
10pips固定で利益確定するなどがあります。
ですから、まだ手法としては進化中ですw
リアルで使う前に、デモトレードなどで試した方がいいかもしれません
デモトレード一覧(クリックで飛べます)

FXcafe
「FX1」
バーチャルFX
クリック証券

posted by take2 at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Paulusさん5分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

1分スキャル手法(3)

前回でRCIの設定はできたと思いますので、
早速使い方を解説していきます。
その前にRCIについての解説したページがあるのでどうぞ。
RCI(Rank Correlation Index)について

RCIは長期(56)、中期(26)、短期(9)の3本を使います。
オシレーター系なので買われすぎ・売られすぎを数値で表します。
それ以外にも大まかなトレンドも確認できるので、人気があります。
内容については上のリンクでお願いします。
ドル円の30分足です
WS000208.JPG
(クリックで拡大できます)
短期: 中期: 長期:

基本的なトレンドは下降ですね
しかし、3本とも底をついたので一旦は上昇しそうです
ここからは売り戦略から買い戦略もあると考える必要があります

次にドル円の15分です
WS000209.JPG

RCI9と26が上昇中で、長期は下落気味
長期が上昇に転じるならロングエントリーもありかな?って感じですね

ドル円5分足
WS000210.JPG

RCI9と26が+90へ上昇長期も上昇しはじめています

これらを見ると、一旦下げ止まった感じです。
ここからだと、上昇するのを待って戻り売りを狙うか
それともこの上昇も拾っていくかで戦略が違ってきます
安全にいくならば、戻り売りかな?と思います。
私なら両方取りにいきそうですがw

異なる時間足を見ることで、大まかな流れが掴みやすくなります
後は、5分足でRCI9と26が+90を越えていても
15分足ではまだRCI9が+70程度なのでまだ20の伸びしろがあるなと考えてもう少しロングよりに考えようとか
30分足のRCI9が+90タッチまで様子を見ようなど色々な戦略が取れます

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 14:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Pitersさん1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1分スキャル手法(2)

私もこの手法を検証しているのですが、かなりいい感じですね。
1分足なのでダマシがどうしても多くなります
その部分をトレンドEMAとCCI74フィルターする形になっています
これだけでもいいのですが、
もっと上の時間足で確認する方法もあります。
5分・15分足でのADXの確認や、RCIでも確認もいいかもしれません。
ADXの使い方は前に説明したので下のリンクから見て下さい。
5分スキャル手法解説(3)
RCIの見方を解説していきます。
これはオシレーター系のテクニカルなのですが、
全体の流れを見るのにも役立ちます。
RCIはメタ4にデフォルトで入っていないので、
こちらからDLして下さい→SpearmanRankCorr.mq4
RCIは短期・中期・長期と3つ表示させます。
ドル円の30分足です。
WS000200.JPG
(クリックで拡大できます)

数値はRCI9・26・52です。
3つのRCIを一つの窓に表示させるにはクリック&ドラッグで出来ます
WS000203.JPG
(クリックで拡大できます)

わかり難いかもしれませんが、SpearmanRankCorrをクリックしたまま
下の窓にもっていきます。
RCIの52を表示するには、maxrangeを300ぐらいにして下さい。
RCIを見やすいように、0、0.8、0.9、-0.8、-0.9に点線を表示します
これで準備完了です。

根本的な考え方から解説します。
例えば、ある住所を探しているとします
日本なら都道府県から確認しますよね。
何丁目かを探してもしょうがないですからw
まずは大まかな場所を掴んでから、細かい住所を確認します。
FXも同じように大まかな流れを理解するとかなり精度が上がります
しかし、1分足のスキャルで月足を見てもしょうがありませんw
地球儀を見ながら、東京観光するようなものですw
1分足ならば、5分・15分・30分・1時間ぐらいまでが有効だと思います

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pitersさん1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

1分スキャル手法

今回紹介する手法は、Doske Scalping System といいます。
Pitersさんが提案した1分足のスキャルです。
手法が載っている掲示板→Doske Scalping System

通貨ペアは、クロス円とドルスイ・ポンドルです。
この手法には、2つのグループのEMA(Exponential Moving Average)を
使用します。
グリーンのEMAがショートグループ茶色のEMAがロンググループです。
コントロールEMAと呼ばれるのがピンクの55EMAで、
トレンドEMAは、黄色の275EMA(5分の55EMA)です。

ではまずロングエントリーを説明します。

1.コントロールEMA(ピンク色)の上にロンググループ(緑色)がある
2.QQE5が50より上にある
3.QQE60が上向きにクロス

ストップは、QQE5が下に反転かQQEが下向きにクロス
利益確定は、CCI72が下抜け

赤い線のところがエントリーポイントです
WS000197.JPG
(クリックで拡大できます)

ショートエントリー

1.コントロールEMA(ピンク色)の下にショートグループ(茶色)がある
2.QQE5が50より下にある
3.QQE60が下向きにクロス

ストップは、QQE5が上に反転かQQE60が上向きにクロス
利益確定は、CCI72が上抜け

ショートエントリーの画像(赤い線)
WS000199.JPG
(クリックで拡大できます)

強気にいくならばトレンドEMA(黄色)を無視して取引します。
安全にいくなら、トレンドEMAより下にある時はショートエントリー
上にある時はロングエントリーとします。

CCIの50EMAが平らな状態では取引しないで下さい
急激に動いた場合も様子を見たほうがいいかもしれません

テンプレートがあるページのリンクを張っておきます。
テンプレ1をDLした後にテンプレ2をDLして使って下さい。

テンプレ1
テンプレ2

今回の手法がクロス円メインなので、
クロス円のスプレットが狭いFXブロードネットがオススメです

ドル円が0.5銭、ユーロ円が0.9銭、ユーロドルも0.5銭です。
レバレッジも400倍なので少ない資金から始められます。
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pitersさん1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

15分ブレイク手法(2)

前の記事で一通り取引ルールを解説しました。
今回は問題点を挙げて、どう対処していくか考えてみたいと思います
もう一度手法を説明すると、NY時間でAM7時〜9時で高値安値を決めて
それをAM9時以降にどちらかにブレイクしたらそちらにエントリーです
アメリカ市場が始まった時のトレンド方向についていく手法です。

今ある問題点は、

1.すぐ損切りに引っかかってしまう可能性がある
2.利益確定がトレールなので、決まったルールがない
3.エントリー直後の損切りが多い
4.NY時間の9時以降に重要指標がある場合

考え方は理にかなってる気がします。
NY時間は時間的にも取引量が多いので、
一度トレンドが発生するとそちらの方向にいきやすい。

前回の記事を見てもらえればわかると思いますが、
直前のレンジが50〜60pipsあるのが望ましいといってます。
それに対して15pipsの損切りは少ない気もしますね
損切りと利確をどのような比率にするか
これは勝率にも関係してくるのですか、
極端に言えば、勝率が1割でも利益が多ければその手法は成り立ちます

例えば損切りをレンジの半分にして(レンジが50なら25など)
そしてリミットを同じように25に設定します
こうなると勝率が50%以上ならばプラスになる計算です。
15分足なので5分のATRの3倍を損切りに設定するとかですね
この手法のレスにあったのですが、
メタ4のインディケータにSupport and Resistance.mq4
というのがあります。
これはレジスタンスとサポートを表示してくれます。
DLはこちらから→Support and Resistance.mq4
これを明確に超えたらエントリーとかでも使えそうですね。

後考えているのは、例えば108.50が安値だとして
5分足で108.50を明確に割ってからエントリー
(ローソク足が確定)
他にいいのがあれば教えて下さいw

時間でフィボナッチを使う方法も考えていますが
まだ試行段階ですね^^;
こんな感じです
WS000196.JPG
(クリックで拡大できます)

最後にこの手法のテンプレートのリンクを張っておきます
テンプレ1
テンプレ2
テンプレ3
テンプレ4

画像に載ってるインディケータはdzumrdさんが公開しています。
高値・安値・レンジを表示してくれます
dznmrdさんのインディケータDL先→こちら

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


15分ブレイク手法

今回は新しい手法を紹介します。
7am-9am Big Dog USD Breakout Strategyという名前です。
提案者は、dznmrdさんです。
こちらからどうぞ→本家のページ

すごいシンプルなので早速解説してきたいと思います。
時間足は15分で、通貨は対ドル取引をします。
そして、NY時間のAM7時からAM9時垂直ラインを引きます。
現在日本時間でいうと、午後8時から午後10時になります。
次にその間の高値と安値に垂直ラインを引きます。
WS000192.JPG
(クリックで拡大できます)

上の場合だと108.48が高値108.03が安値になります。
そしてAM9時(メタ4では16:00)以降に
どちらか(高値か安値)を越えたらエントリーです。
損切りは、トレールで15pipsにします
この画像だと水色の水平線になります。

注意する点は、高値と安値の値幅が50〜60pipsなら利益を出しやすく
50〜60pips以上なら利益を出しにくくなります
NY時間のAM9時以降でしばらくたっても高値も安値も越えなければ
レンジ相場になります。
この手法はその日限り有効となるので、
次の日にはまたその時間の高値安値を計算して下さい。

時間でレジスタンス・サポートを決めて、
それを越えるようならエントリーという手法です。
使ってみた感じは、改良の余地ありといった感じですね。
ですから実際に使ってみるのは危ないかもしれませんので
デモトレードなどで試行錯誤してみるのがいいと思います。

デモトレード一覧を載せておきます。
バーチャルFX
バーチャル取引「FX1」
クリック証券<FXデモ取引>

可能性を感じる手法なので、改良次第では化けるかもしれませんねw
まだリアルトレードでは使えないと思うので、
もし使う時は自己責任でお願いします。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。