2008年11月19日

Scalping system5分スキャル手法(2)

みなさまのおかげで為替ランキングがアップしていました^^
ありがとうございます、これからもよろしくお願いします!!
今回もよろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
前回の続きで、今回はCCIを使った利確方法を紹介します。
この手法じゃなくても使えます。
まずはこの画像を見て下さい。
WS000367.JPG
(クリックで拡大できます)

CCIでトレンドラインを引きます。
そしてトレンドラインが崩れたら利確とします。
(赤い線より下にいったら利確)
これはロングの場合です。

ショートの場合
WS000369.JPG
(クリックで拡大できます)

レンジ相場の見極めですが
RSIの9が55〜65の間はエントリーしないという方法もあります。
WS000368.JPG
(クリックで拡大できます)
今回紹介したのは、ほんの一例です。
もっといい方法もあるかもしれませんので、
色々試してみて下さい^^

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


2008年11月17日

Scalping system5分スキャル手法

毎日更新を目指して頑張っていますよ!!
応援するとやる気がましますので、
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
今回は5分足のスキャル手法を紹介します。
nixさんの開発した手法です→本家ページ
必要なインディケーターとテンプレート→DL先
今回はDLするのに、メンバー登録する必要があります。
めんどくさいと思いますが、お願いします。
フリーのメールアドレスと仮名でも大丈夫です
エントリールールの解説です。

ロングエントリー
1.Price triggerが+1になる時
2.オレンジの線(volatility pivot)よりローソクが上にある
ショート時は逆になります。

ロングエントリー例(ユーロドル5分足)
WS000366.JPG
(クリックで拡大できます)

赤い矢印がエントリーする所です。
サインがたくさんでますが気にしないで下さい。

次にポジションを閉じる時のルールです。
今度からイグジット(EXIT)ルールと呼びます。
1.逆のサインがでた場合(ロングエントリーしてた時にショートサインが出るなど)
2.オレンジの線(volatility pivot)を利用して、そこを損切りにして
上昇(下降)していく場合どんどん値が切りあがっていくので
それをトレール注文のように使用します
3.nonlagdot(赤と青の点)がショート時に青に変わった時、ロング時なら赤に変わった時に手仕舞い

かなり明確なルールなので手を加えるところはほとんどないでしょう
順張り系の手法なので、問題はレンジ相場の回避ぐらいでしょうか。
利確にオシレーター系のテクニカルを加えてもよさそうですね

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。