2008年11月16日

The Only Pivot1時間スキャル手法(2)

G20が終わり、月曜日は朝から動きそうですね。
では早速The Only Pivot1時間スキャル手法
いじっていきたいと思いますw
momentumがいまいち使い方がわかり難いので、RSIに変えてみました。
WS000358.JPG
(クリックで拡大できます)

次にレンジ相場をどう判断するかですか、
Damiani_volatmeterというインディケーターをあててみました
WS000359.JPG
(クリックで拡大できます)

緑のラインが上ならトレンドで灰色のラインが上ならレンジと判断
インディケーターは、ATRから判断する方法を取っています。
ダウンロード先→Damiani_volatmeter.mq4

損切りは、最初と同じで40pips〜ぐらいで
利確は、RSIが30か70タッチなどでいいかなと思っています。
サポートとレジスタンスのタッチかその手前ぐらいで利確など
色々とあります。
40pipsの利益がでたらそこからトレールにしていくなどもいいですね
今回はレンジ相場回避に重点を置いてみました。

最後にオススメ口座を紹介します。
今回は、FXブロードネットです
ここの目玉は、やはりドル円・ユーロドルのスプレッドが0.5銭
レバレッジが400倍なので少ない資金でもポジションを持てます
下のバナーから口座開設できます
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

2008年11月15日

The Only Pivot1時間スキャル手法

頑張って更新してますよ!!w
ってことで今回はtony_dtraderさんの1時間スキャル手法を紹介します
本家のページ→The Only Pivot
インディケーターは、TOPページのthe_only_Pivot.zipをDL出来ます
これもDLしたら便利なので追加でどうぞ→DL先
時間は1時間足で、ポンド円・ポンドドル・ユーロ円が推奨です
これで設定がすべて完了したと思うのでエントリールールの説明です

ロングエントリー
その日の始値を2SMMAがゴールデンクロスしたら、
次のローソクエントリー


ショートはその逆です。

実際のエントリーサインを見た方がわかりやすいので載せます。
WS000355.JPG
(クリックで拡大できます)

先ほど紹介したインディケーターがアラート機能があるので
わかりやすいと思います。
ストップロス(損切り)は、30-40pipsです。
リミット(利確)は、
レンジ相場ならばポンドル・ユーロ円で少なくとも30pips以上で利確
ポンド円で45〜50pipsで利確とします。
momentumは、利確の時に売られすぎ・買われすぎの判断
使うそうですが特に決められた数値はないみたいです。
オシレーター系のテクニカル(RSIやRCI)ならなんでもいいみたいです
Pivotを使って利確・損切りを決めてもよさそうです
多分そのためにPivotを表示してるはずなのでw

利確と損切りがもっとはっきりしたのがあればよさげですね
レンジ相場をどう判断するのかも大事ですね。

最後にオススメ口座を紹介します。
今回は、FXトレーディングシステムズです
ここの目玉は、やはりドル円・ユーロドルのスプレッドが0.5銭
レバレッジが400倍なので少ない資金でもポジションを持てます
下のバナーから口座開設できます
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。