2008年10月14日

stochスキャルピング手法紹介(3)

左フォームにデモトレード集を作りました。
試しに使ってみたい手法などがあれば、デモトレードでどうぞ^^
今回は、利益確定について考えていきたいと思います。
オシレーター系だと下落した場合、どこまで下落するかわかりません
数値が振り切ってしまう現象が起きます
なので利確をどこまで引っ張ればいいのかわかりにくいです。
そこで考えたのがCCIを使った利確方法です。
このテクニカルは元々入っているのでDLの必要はありません。
正式名は、Commodity Channel Indexです。
名前からもわかるように商品先物で使われていました。
これもオシレーター系なのですが、色んな使い方ができます。
WS000274.JPG
(クリックで拡大できます)

CCIの数値は34になっています。
-200、-100、0、+100、+200を表示しています。
使い方は、ロングをしてる場合だと+200を超えて
また+200に戻ってきたら利確とします

文章で説明するのは難しいので、画像を見て下さいw
WS000275.JPG
(クリックで拡大できます)

矢印がエントリーポイントです。
赤い線で+200を越えて、
また赤い線のところで+200をタッチして下がっています。
戻ってきたところで利益確定とします。
この他にも+300タッチで利益確定としてもいいかもしれません。

最後にオススメスキャル口座を紹介します。
私もメインに使っている外為オンラインです
スプレットがドル円ユーロドルが固定で1銭です!!
固定なので早朝・深夜・指標時もスプレットは広がりにくいです
下のバナーから口座開設ができます。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ


2008年10月12日

stochスキャルピング手法紹介(2)

前回より間が空いてしまいました^^;
基本的なトレード方法は前の記事を見て下さい。
今回はこれにボリバンとHeiken Ashiを加えてみました
ルールとしては、前とほとんど同じで
Heiken Ashiとstochのサインが同じ方向の時にエントリー
ボリバンは、-2σなどの位置を見るために使用します
WS000273.JPG
(クリックで拡大できます)
Heiken AshiのDLは→DL先

こんな感じで表示されます。
赤い矢印がエントリーポイントになります
結構いい感じにフィルタリングしてくれそうですね。
この他に考えているのが、
pivotなどを使って天井や底を予想したり
フィボナッチなども使ってみてもいいかもしれません
これはまだ試作段階なので次回までにまとめてみたいと思います。
フィルタリングしすぎると、エントリー回数が少なくなるので
そこら辺の兼ね合いが難しいですね^^;

最後にオススメスキャル口座を紹介します。
私もメインに使っている外為オンラインです
スプレットがドル円ユーロドルが固定で1銭です!!
固定なので早朝・深夜・指標時もスプレットは広がりにくいです
最近は、この金融危機のせいで値動きが激しいので
他の業者だとスプレットがすごい広がることがあります。
下のバナーから口座開設ができます。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

2008年09月26日

stochスキャルピング手法紹介

この手法は、掲示板の中でも評判がいい手法です。
ストキャスティクスを使った手法になります。
本家のページ→bringin sexy back - stochastics
異なる数値のstochastics(ストキャティクス)を4つ使用します。
WS000253.JPG
(クリックで拡大できます)
青い線
k:20
d:10
slowing:20
赤い線
k:50
d:10
slowing:20
黄色い線
k:100
d:10
slowing:30
緑の線
k:5
d:3
slowing:3

となっています。
一応テンプレです→DL先

色や線の太さは自分で見やすいように設定してください。
時間足は5分・15分・1時間・4時間と色々使えます。

取引ルールを解説します。
ロングの時
1.より上にある時
2.緑の線がゴールデンクロス
※ショートの場合は逆

以上が基本的なルールです。
注意として、赤と青の線が80や20を越えている場合エントリーは慎重に
その他はエントリーはちょっと早いぐらいでいいかもしれません。
例えば下のエントリータイミングです。
WS000254.JPG
(クリックで拡大できます)

最初の矢印は、緑の線が反転したところでエントリーしています
ストップは直前の高値・安値か、10〜15pipsぐらいだそうです
リミットは10〜20pipsぐらいで明確なルールはないようです
この記事自体去年のものなので、
今現在はちょっと変わってるかもしれません。

基本的な考えとしては、
のクロスでショートかロングかを決める。
赤が青より上なら下降トレンド・青が赤より上なら上昇トレンド
もしショートならば、(短いストキャ)で買われすぎた時に売る
順張り系の手法になりますね。
黄色い線大まかなトレンドを確認するために使います。
移動平均線の9EMAと34EMAも位置でロングかショートを決めます。
34より9が上ならロング34より9が下ならショートのエントリーです
赤と青の線のと同じでフィルターの役割を果たします。

最後にオススメスキャル口座を紹介します。
私もメインに使っている外為オンラインです
スプレットがドル円ユーロドルが固定で1銭です!!
固定なので早朝・深夜・指標時もスプレットは広がりません
下のバナーから口座開設ができます。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。