2009年05月12日

vForce15分スキャル手法

ものすごく久しぶりです!!
トレードは続けていますよ
少し忙しくて更新できませんでしたが、少し余裕もでてきたので
頑張ってみたいと思います。
ブログの書き方も忘れていますが^^;
久しぶりの紹介になる手法は、15分足の順張りになります。
forexjediさんが開発した手法です→本家のページ
早速解説していきます。
その前に必要なインディケーターをDLして下さいこちらから
テンプレートも入っているのでそれも準備して下さい。
WS000006.JPG
(クリックで拡大できます)
上の画像はロングのサインです。
まず青いローソクが出現します。
そのローソクの高値より12pips上にロングのオーダーを注文します
ここで気をつける必要があるのが、
緑のローソクが出現してから4本以内(1時間以内)に
注文が発注されない場合はその注文を消して
次のサインまで待って下さい

オーダーは発注された場合のストップ(損切り)は、
サインが出たローソク(赤か青)の10pips下()になります。
この場合だと安値の10pips下に置きます
同時に50pipsのトレール注文も出します。
どちらかの損切りに引っかかれば注文を消すことになります
リミット(利益確定)は、
例えば10枚注文した場合はその80%の8枚を20pipsで利確します
残りは利益を伸ばします

紛らわしいのは、
ショートの場合赤いローソクより10pips下にオーダーを置きます
フローで表すと。

赤か青のローソクが出現

同時に注文する数値もでます(チャート参照)。

緑のローソクが出現

注文が執行(ローソク4本分の間に注文されなければ注文取消し)

って感じになります。
使っているインディケーターは以下のものになります
Rate of change、MACD、Bollinger Bands、Bulls Power、Bears Power
ADX、RSI、Stochastics。
表示はされていませんが、この様になっています。

順張り系なのでそんなに痛い目は合わないと思います
フィルタリングもそこそこ機能するのでいいと思われます
今も活発に掲示板で話し合われているので、
手法自体が少し変化しているかもしれませんが、
これが基本的なトレード手法になります。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
121証券です。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4をリアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
自動売買での取引も可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます
121証券

為替ランキングに参加していますw
励みになるので、よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

posted by take2 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | vForce15分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119264615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。