2008年12月16日

Akuma99 Not So Squeezy Journal1時間スキャル手法(2)

一応私もこの手法を読んだのですが、
エントリーに色々パターンがあって難しいですね^^;
それでもわかる範囲で解説していきます。
使用するチャートはもちろんメタトレーダー4です。
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS
もちろん手数料、口座維持管理費はかかりません
メタトレーダー4での自動売買にも対応しています。
下のバナーから口座開設できます^^(デモ口座もこちらから)


ユーロドルの現在のチャートを表示します
WS00069.JPG
(クリックで拡大できます)

まずRainbow Multiple Moving Averageを見ます。
これが虹のようにきれいに色分けされていればトレンドがあると判断します。今回はアップトレンドになっていますね。
次に50SMAと200SMAを見ていきます。
200SMAより価格が上にあるのでロングエントリーを基本とします
50SMAはサポートとレジスタンスに使われます。
エントリーで一番の役割を果たすのが、
Bollinger Squeezeの青いドットの部分です。
ここがエントリーポイントになります。
でも青いドットのどこでエントリーすればいいのかいまいちわからないと思います。
そこでCCIとボリンジャーバンドを使用します。
エントリーポイント例
WS00068.JPG
(クリックで拡大できます)
赤い矢印がロングエントリーになります。
最初の部分はボリンジャーバンドの下限と50SMAのサポートを利用した
エントリーになっています。
それに加えてCCIが+100なのでわかりやすいと思います
ストップロス(損切り)とリミット(利益確定)は、
フィボの78.6に損切りを置きます
利確は161.2に置きます
エントリーする前の高値と安値の差が100だとします。
すると損切りは、0.786*100=78.6pips
利確は、1.612*100=161.2pipsと計算できます。
私もここら辺は怪しいので、正確に知りたいという人は
本家のページで調べて下さい^^;
本家のページ
この他にもトレンドラインを引いたり反発ポイントなどに
損切りを置くこともあります
共通しているのは損切りを決めたところから5〜10pips下に置きます

4時間足のmomentumなども確認する必要があるそうです
手法としては大きなトレンドの押し目を狙った順張りな感じです
逆張りの時もありますが、順張りのほうが安全ですねw
はっきりいってこの手法を完璧に使いこなすのは難しいです^^;
なので使える部分を取り入れてみるのも一つの手だと思います

為替ランキングに参加していますw
励みになるので、よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。