2008年11月20日

THV system1分スキャル手法

為替ランキングが上がって、俄然やる気になっています!!
よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
さて今回はTHV system1分スキャル手法です。
cobraforexさんが開発した手法です。
本家のページ→THV system
必要なインディケーターとテンプレートDL先
これで準備完了です。
早速取引ルールの解説に移ります。

ロングエントリー

1.ローソク足と水色のT3ラインがhullラインを上抜けする
(ゴールデンクロス)
2.一目の雲がローソクより下にある
3.ローソクが緑色

ロングエントリー例
WS000370.JPG
(クリックで拡大できます)
赤い矢印がエントリーになります。

ショートエントリー

1.ローソクと水色のT3ラインがhullラインを下抜けする
(デットクロス)
2.一目の雲がローソクより上にある
3.ローソクが赤色

ショートエントリー例
WS000371.JPG
(クリックで拡大できます)

Exit(イグジット)ルールは、
ローソクとOsMAの色が変わる時か、
ローソク足が水色の線を通る(クロス)する時です。
Exitルールとは、ポジションを持っていたら
必ず手仕舞いするルールをいいます。

利確は、トレンドラインを自分で引く
サポート・レジスタンス00・20・50・80などの心理的節目などです

損切りは、自分の資産管理を出来る範囲で決めて下さい

後この緑の太線は、ダイバージェンスを表しています
簡単にいうと、ここが天井(底)になる可能性が高いということです
WS000372.JPG
(クリックで拡大できます)

エントリールールなどは決まっていますが、
損切りがちょっとあやふやですね
全体的に見ると慣れるまで結構大変そうです^^;
私が好きな一目を使ってるところに共感しましたw
使う時間足が1分と5分なので、
もっと慎重にエントリーしたいという人は、
5分足と1分足のエントリーが同じ方向の時がいいと思います。
例えば5分足でロングサイン1分足でもロングサイン
次回は明確な損切りルールを考えていきたいと思います。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | THV system1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。このシステムはとても良いと思っています。
私も現在検証プラス実践中のシステムです。
比較的シンプルだと思いますが、実践の中で観察するとよく考えられた組み合わせと分かりますね。
ただ1分足とか5分足だと、やはりなかなかスキルが必要ですね。
それとひとつだけ、RSIのワームですけど、これは85以上と15以下の買われすぎ、売られすぎの時に出現します。
ダイバージェンスというのは、逆行現象のことで、このシステムでは、オズマの描画とプライスとのダイバージェンスをトレード判断とするようです。
Posted by システムマン at 2008年11月20日 19:24
システムマンさんコメントありがとうございます^^
RSIのワームとダイバージェンスの説明ありがとうございます。
英文を見てると疲れてきますよねw
Posted by take at 2008年11月20日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109930776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。