2008年10月12日

stochスキャルピング手法紹介(2)

前回より間が空いてしまいました^^;
基本的なトレード方法は前の記事を見て下さい。
今回はこれにボリバンとHeiken Ashiを加えてみました
ルールとしては、前とほとんど同じで
Heiken Ashiとstochのサインが同じ方向の時にエントリー
ボリバンは、-2σなどの位置を見るために使用します
WS000273.JPG
(クリックで拡大できます)
Heiken AshiのDLは→DL先

こんな感じで表示されます。
赤い矢印がエントリーポイントになります
結構いい感じにフィルタリングしてくれそうですね。
この他に考えているのが、
pivotなどを使って天井や底を予想したり
フィボナッチなども使ってみてもいいかもしれません
これはまだ試作段階なので次回までにまとめてみたいと思います。
フィルタリングしすぎると、エントリー回数が少なくなるので
そこら辺の兼ね合いが難しいですね^^;

最後にオススメスキャル口座を紹介します。
私もメインに使っている外為オンラインです
スプレットがドル円ユーロドルが固定で1銭です!!
固定なので早朝・深夜・指標時もスプレットは広がりにくいです
最近は、この金融危機のせいで値動きが激しいので
他の業者だとスプレットがすごい広がることがあります。
下のバナーから口座開設ができます。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107985974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。