2008年09月17日

1時間足スキャルピング手法(2)

この手法は、一つのインディケーターで取引します。
これに他のインディケーターを加えてみたいと思います。
長い時間足で有効なのは、MACDです。
結構いい感じでダマシを回避してくれそうです。
WS000239.JPG
(クリックで拡大できます)

チェックサインのところがダマシになっています。

4時間足です
WS000240.JPG
(クリックで拡大できます)

これでも回避できるのであまり意味無いかも?w
2つのインディケーターで確認すれば精度が上がると思います。

後はZigZagというインディケーターを使って
ストップの目安にしてもいいかもしれません。
WS000241.JPG
(クリックで拡大できます)

オススメスキャル口座を紹介します。
外為オンラインです。
ドル円・ユーロドルのスプレット固定1銭が魅力です。
固定なので早朝や深夜でもスプレットが変動しません
指標時などでもスプレットが1銭なので指標スキャルでも使えます。
私もここをスキャル用に使っていますw
下のバナーから口座開設できます。


今なら5000円のキャッシュバックキャンペーン中です。
よろしければこの機会にどうぞ!!

ブログランキングに参加しています
よかったらクリックお願いします^^→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。