2008年09月13日

5分逆張りスキャル手法(3)

この手法にちょっと手を加えていきたいと思います。
逆張り手法ということで、レンジ相場に力を発揮します。
ではレンジ相場かそうじゃないか
どう判断するか?」が重要になってきますね。
これはどの時間足で見るかによって違います。
5分でトレンドが発生していても、1時間足ではレンジ相場だったり
月足でみると、今現在もレンジ内と表現できますw
これはすごく曖昧なところなのですか、
自分である程度の線引きが必要です

私が考えているのは、15分足のADXの反応があるかないかを見て
今回は逆の発想で、ADXが反応してない=レンジ相場 ということです
メタ4はADXが他の業者と反応の仕方が違うので
メタ4のADXも見てますが、確認としてVTチャートのADXも見ています
ADXが上昇してる場合は、トレンドが発生していると判断して
下降と平行の場合は、トレンドがないと判断します
WS000224.JPG
(クリックで拡大できます)

赤い線の間がトレンドが無い状態と判断します
レンジ内での動きに収まっています。
ADXの数値は30にしています。

VTチャートの15分足です。
下のインディケータがADXです。
WS000225.JPG
(クリックで拡大できます)

ここで注意が必要なのは、
トレンドの発生は短い足から発生するということです
1分足→5分足→15分足・・・・4時間足とトレンドが出てきます。
なので、15分足でトレンドが出てないから大丈夫だということにはなりません。
その時は、ルールに従って損切りをすれば問題ありません

先ほど紹介したVTチャートはCMSが扱っています。
ドル円・ユーロドルのスプレットが固定で2銭
今なら一回5ロット以上取引すると実質スプレットが固定1銭になります
レバレッジも400倍とスキャルにはもってこいです
操作画面も使いやすく、約定も文句なしです。
下のバナーから口座開設できます。


posted by take2 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Paulusさん5分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106497998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。