2008年09月09日

1分スキャル手法(3)

前回でRCIの設定はできたと思いますので、
早速使い方を解説していきます。
その前にRCIについての解説したページがあるのでどうぞ。
RCI(Rank Correlation Index)について

RCIは長期(56)、中期(26)、短期(9)の3本を使います。
オシレーター系なので買われすぎ・売られすぎを数値で表します。
それ以外にも大まかなトレンドも確認できるので、人気があります。
内容については上のリンクでお願いします。
ドル円の30分足です
WS000208.JPG
(クリックで拡大できます)
短期: 中期: 長期:

基本的なトレンドは下降ですね
しかし、3本とも底をついたので一旦は上昇しそうです
ここからは売り戦略から買い戦略もあると考える必要があります

次にドル円の15分です
WS000209.JPG

RCI9と26が上昇中で、長期は下落気味
長期が上昇に転じるならロングエントリーもありかな?って感じですね

ドル円5分足
WS000210.JPG

RCI9と26が+90へ上昇長期も上昇しはじめています

これらを見ると、一旦下げ止まった感じです。
ここからだと、上昇するのを待って戻り売りを狙うか
それともこの上昇も拾っていくかで戦略が違ってきます
安全にいくならば、戻り売りかな?と思います。
私なら両方取りにいきそうですがw

異なる時間足を見ることで、大まかな流れが掴みやすくなります
後は、5分足でRCI9と26が+90を越えていても
15分足ではまだRCI9が+70程度なのでまだ20の伸びしろがあるなと考えてもう少しロングよりに考えようとか
30分足のRCI9が+90タッチまで様子を見ようなど色々な戦略が取れます

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます




posted by take2 at 14:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Pitersさん1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントをするasaと言います。こんにちは。このスキャルピングはかなり使えますね。フェニックスやナイス式のスキャルを試したりしていたんですが、この方法が一番シンプルでやはり海外の手法や考え方は日本よりも一歩も二歩も先に進んでいるような気がします。あとブログの内容が濃いので大変為になります。これからも頑張って下さい。また遊びにきますね。
Posted by asa at 2008年09月10日 00:14
asaさんへ
コメントありがとうございます^^
自分にあう手法を見つけるのは大変ですからね^^;
応援ありがとうございます!!
Posted by take at 2008年09月10日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。