2008年09月05日

5分スキャル手法解説(4)

今回はボラティリティ
(値幅)についてに多少加えていこうと思います。
この手法問わずですが、スキャルにはある程度の値動きが必要です。
Imranさんは、市場が2つ以上開いてる時と指定しています。
これでも問題ありませんが、
ある程度数値で判断できればわかりやすいと思います。

そこでATRAverage True Range)というテクニカルを仕様します。
これもデフォルトでメタ4に入っています。
WS000177.JPG
(クリックで拡大できます)

ドル円で15分足0.07(pips)以上、
5分足0.04(pips)以上の時以外は取引しないという感じで使います。

これは鬼為替さんの「為替鬼 FXでスキャルの達人!
の記事を参考にしました。
ATRの解説はこちらからどうぞ→ATRについて

ATRはこの他にもストップ(損切り)としても使えます。
ATRの3倍に損切りを設定したりします。
現在の値幅より3倍の下落(上昇)があった場合は、
エントリーした方向の逆にトレンド変換した可能性が高いとなります
メタ4のインディケータにBAT ATR v1.mq4というのがあります。
WS000178.JPG
(クリックで拡大できます)

ATRPeriodを14に設定して、Foctorは3で3倍の意味だと思います。
間違っていたらご指摘お願いしますw
ロング時とショート時を自動的に判断しているので、
もし自分のエントリーが違う場合は、各自で計算して下さい。
インディケータDL先→BAT ATR v1.mq4

目安がATR3倍なので、絶対3倍とは限りません。
自分のトレードにあった設定をして下さい。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。