2008年11月29日

Neurus Psar Demark System5分スキャル手法

商いが薄いせいか、すごい動きでしたね^^;
来週からは本格的にクリスマス商戦がはじまるので
個人消費に注目ですね。
ビック3の動向なども来週なのでこれも注視する必要があります。
12月1日から始まるデモトレード大会があります。
賞金総額が1000万なので、手法を試すついでにどうぞ^^
下のバナーから参加できます

為替ランキングにも参加しています。
よろしければクリックお願いします^^→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
今回は手法というよりは、
インディケーターがおもしろかったので取り上げました。
neurusさんが開発した手法です→本家のページ
必要なインディケーターとテンプレートDL先
取引ルールもいたってシンプルでわかりやすいです。
これは最初に画像を見てもらえればわかりやすいです。
WS000002.JPG
(クリックで拡大できます)
簡単に言えばトレンドラインを引いて
保ちあいからのブレイクでエントリーになります
Demark_trend_newというインディケーターがトレンドを引いてくれます
ストップロス(損切り)は15pips
リミット(利確)は5pipsになります。
要するに3勝1敗でイーブンになります。
勝率がネックになってきますね
この手法は5分足を推奨しています

まだそこまで試していないのですが、結構よさそうですね。
私が考えているのは5分足でエントリーならば
一つ上の15分足でエントリー方向と同じにする
これだと結構正確かなと思っています。
次回は色々インディケーターを加えてみたいですね

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


2008年11月28日

Ninpostar Revolution1分スキャル手法

昨日今日とアメリカの市場が休場状態なので閑散としてますねw
こんな時は、相場からはなれてゆっくりするのもいいかもしれません
12月1日から始まるデモトレード大会があります。
賞金総額が1000万なので、手法を試すついでにどうぞ^^
下のバナーから参加できます

為替ランキングにも参加しています。
よろしければクリックお願いします^^→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
今回は1分足のスキャルピング手法になります。
ninpojutsuさんが考案した手法です→本家のページ
必要なインディケーターとテンプレート→DL先
取引ルールはいたってシンプルです。

ロングエントリー
QQEのクロス(ゴールデンクロス)

だけになっていますw
これだけではきついのでLaquerreが同時に0.15タッチや
heikin ashiが青く変化するなどを入れたら
いいフィルタリングになると思います
ショートはこの逆です

ショートエントリー
WS000001.JPG
(クリックで拡大できます)

ストップロス(損切り)は、QQEが逆にクロスした場合です。
同時にそれがエントリーサインになりますが、
結構リスクが高いので変更する必要があるかもしれません^^;
リミット(利確)は、QQEが逆のクロスで一緒です。
heikin ashiの色の変化などでもいいと思います。
まだまだこれから議論されていくと思います。
たびたび出てきてるQQEを紹介したくて今回この手法を扱いました
どの時間足でも使えるので結構便利なのですが、
設定が難しいですね^^;

最後にオススメスキャル口座を紹介します。
紹介するのは、外為オンラインです。
スプレッドドル円が固定で1銭と業界随一!!
他の業者では低スプレッドと謳っていても、3pipsなどが多いのですが
ここは指標時でも1銭で提供してくれます(極稀に広がることもあります)。
レバレッジも200倍となっていますので、小額から始めれます。
下のバナーから口座開設できます


2008年11月26日

Lilmoe's Trading Systemスキャル手法

今回の説明はすごくわかりやすかったです
みんな親切ならばいいんですけどねw
FXトレードがデモトレード大会を開催中です。
手法を試すついでに参加してみはいかがでしょうか
何と優勝賞金が1000万円となっています!!
私も先ほど参加しましたw
下のバナーから参加できます

為替ランキングに参加していますw
励みになるので、よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
この手法はlilmoeさんが開発しました→本家ページ
インディケーターとテンプレートはこちらから→DL先
それでは取引ルールを解説していきます
今回の手法はポンド円が対象になります。

ロングエントリー
価格がDaily pivotより上にある
価格がGann Hiloより上にある
価格が50emaより上にある
終値でCCIが+100以上にある
ダイバージェンス(逆行現象)が起こってないか確認する
5smaより+50pip上ならばエントリーしません
Momentumは押し目などを教えてくれます
イグジット(exit)ルールは、使っている時間軸より短い時間
 Gann Holoより下に価格がある時です。(30分足なら15分足など)
ショートはこの逆です。

ロングエントリー例
WS000386.JPG
(クリックで拡大できます)

注意が必要な点は、5smaが価格をクロス・少なくともタッチすること
時間足は、30分足か1時間足がいいみたいです
後、条件がすべて揃ってからエントリーして下さい

ストップロス(損切り)は最低でも75pipsで、
自分の資産(FXでの)の2%以内でリスクを取ってください
リミット(利確)は、最低でも100pips〜200pipsです。
徐々に損切りラインを上げていくのがいいかもしれません。

ルールは多いですが、守れば勝てそうですね
まだこれは最初の部分なのでルールが増えているかもしれないので
そこら辺は次回紹介していければと思っています。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


2008年11月24日

my own developed benkyalate system4時間スキャル手法(2)

今は相場が乱高下してるので逆張りの手法が合ってそうですね。
毎度毎度しつこいかもしれませんがw
為替ランキングに参加していますw
励みになるので、よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
今回は、テンプレートとインディケーターが新しくなっていたので
その分の紹介をします。
インディケーターとテンプレートDL先
取引ルールは特に変わっていません
WS000384.JPG
(クリックで拡大できます)
4時間足でのトレードで、ストップは2%のリスクを取るそうです。
全財産の2%をストップロスにします。
後インディケーターの事にも少し触れていました。
多分緑と青と黄色の線のことだと思いますが、
緑と黄色なら買い(COGが青色の線にローソクがタッチ)
青と黄色なら売り(COGが黄色の線にローソクがタッチ)
で使うそうです。
あと黄色いCandleaverageは、0.81か-0.81で取引するが安全だそうです

次に1分足でもおもしろい投稿があったので載せておきます
WS000385.JPG
(クリックで拡大できます)
インディケーターとテンプレートです→DL先

取引ルールもほとんど同じで赤い線タッチで売り
ストキャスティクスが緑で売り、Candleaverageが+0.81で売り
みたいな感じです。
まだ固まっていませんがおもしろそうですね。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


2008年11月22日

my own developed benkyalate system4時間スキャル手法

今回はちょっと長い足でのスキャル手法になります。
その前に!!w
為替ランキングに参加していますw
励みになるので、よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
この手法はoan4fx氏が発表したものです。
本家のぺージ→my own developed benkyalate system
現在進行形で進んでいるので、
一番新しいものを紹介していこうと思います。
インディケーターとテンプレート→DL先
文字化けしてるかもしれませんが、
特に問題ないのでそのまま入れて下さい。

取引ルールの説明に入ります。

ロングエントリー
1.ローソクがCenter of Garavity黄色いライン上にある
2.黄色と緑が固まっている状態(上に黄色で下に緑)
3.多分+0.81越えでエントリー
ショートエントリー
1.ローソクがCenter of Garavity青いライン上にある
以下ロングの逆

ロングエントリー例
WS000378.JPG
(クリックで拡大できます)

赤い矢印がエントリーする所です。
損切りはユーロで30pips、ポンドで50pipsぐらいだそうです。
利確はよくわからない?wです
掲示板の量が多いので最新の記事までいっていません^^;
ルールも曖昧なので難しいのでもう少しお待ちください

なんでこの手法を紹介したかと言うと、
Center of Garavityという使い方がよかったからです
逆張り手法で、
オシレーター系のテクニカルと合わせるとかなりよさげです
色々改良されているこの手法ですが、
とどのつまりはCenter of Garavityとオシレーター系の組み合わせです
逆張り手法といいましたが、利確にも使えると思います

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


2008年11月21日

THV system1分スキャル手法(2)

為替ブログランキングに参加しています!!
順位が上がってモチベーションも上がっていますw
よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
前回は手法ルールを解説しました。
今回は損切りをどうするかということを考えていきたいと思います。
その前に、前回のコメントにもありましたが
システムマンさんがRSIのワームとダイバージェンスについて
教えてくれました。
以降コメント
RSIのワームですけど、これは85以上と15以下の買われすぎ、
売られすぎの時に出現します

ダイバージェンスというのは、逆行現象のことで、
このシステムでは、オズマの描画とプライスとのダイバージェンス
トレード判断とするようです。
ということで緑の太線は買われすぎ・売られすぎの時に出現します
後で記事も直しておきますw
システムマンサンのブログでも
この手法の説明があったのでよかったらどうぞ^^
FXなんでもかんでも・・・All you need is TREND!(仮題)
追加ですがテンプレートに無かったのですが、
Center of Garavityというインディケーターも使っています。
現在のやつではもう使ってないみたい?ですが
中々使えるので載せておきます。
WS000373.JPG
(クリックで拡大できます)
緑の線かオレンジの線にタッチすると買われすぎや売られすぎです。

損切りは、ローソクの変化(赤なら青に変わったら)などあります。
ATRStops_v1[1].1.mq4というインディケーターを使ってみました。
WS000374.JPG
(クリックで拡大できます)

見にくいかもしれないので見やすいやつも表示します
WS000375.JPG
(クリックで拡大できます)

ダウンロードはこちらから探してください→DL先
ATRでストップを決める感じですね。
この手法は使いこなせるまで大変ですが、
使いようによってはかなりの利益が見込めますね^^

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | THV system1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

THV system1分スキャル手法

為替ランキングが上がって、俄然やる気になっています!!
よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
さて今回はTHV system1分スキャル手法です。
cobraforexさんが開発した手法です。
本家のページ→THV system
必要なインディケーターとテンプレートDL先
これで準備完了です。
早速取引ルールの解説に移ります。

ロングエントリー

1.ローソク足と水色のT3ラインがhullラインを上抜けする
(ゴールデンクロス)
2.一目の雲がローソクより下にある
3.ローソクが緑色

ロングエントリー例
WS000370.JPG
(クリックで拡大できます)
赤い矢印がエントリーになります。

ショートエントリー

1.ローソクと水色のT3ラインがhullラインを下抜けする
(デットクロス)
2.一目の雲がローソクより上にある
3.ローソクが赤色

ショートエントリー例
WS000371.JPG
(クリックで拡大できます)

Exit(イグジット)ルールは、
ローソクとOsMAの色が変わる時か、
ローソク足が水色の線を通る(クロス)する時です。
Exitルールとは、ポジションを持っていたら
必ず手仕舞いするルールをいいます。

利確は、トレンドラインを自分で引く
サポート・レジスタンス00・20・50・80などの心理的節目などです

損切りは、自分の資産管理を出来る範囲で決めて下さい

後この緑の太線は、ダイバージェンスを表しています
簡単にいうと、ここが天井(底)になる可能性が高いということです
WS000372.JPG
(クリックで拡大できます)

エントリールールなどは決まっていますが、
損切りがちょっとあやふやですね
全体的に見ると慣れるまで結構大変そうです^^;
私が好きな一目を使ってるところに共感しましたw
使う時間足が1分と5分なので、
もっと慎重にエントリーしたいという人は、
5分足と1分足のエントリーが同じ方向の時がいいと思います。
例えば5分足でロングサイン1分足でもロングサイン
次回は明確な損切りルールを考えていきたいと思います。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


posted by take2 at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | THV system1分スキャル手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

Scalping system5分スキャル手法(2)

みなさまのおかげで為替ランキングがアップしていました^^
ありがとうございます、これからもよろしくお願いします!!
今回もよろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
前回の続きで、今回はCCIを使った利確方法を紹介します。
この手法じゃなくても使えます。
まずはこの画像を見て下さい。
WS000367.JPG
(クリックで拡大できます)

CCIでトレンドラインを引きます。
そしてトレンドラインが崩れたら利確とします。
(赤い線より下にいったら利確)
これはロングの場合です。

ショートの場合
WS000369.JPG
(クリックで拡大できます)

レンジ相場の見極めですが
RSIの9が55〜65の間はエントリーしないという方法もあります。
WS000368.JPG
(クリックで拡大できます)
今回紹介したのは、ほんの一例です。
もっといい方法もあるかもしれませんので、
色々試してみて下さい^^

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


2008年11月17日

Scalping system5分スキャル手法

毎日更新を目指して頑張っていますよ!!
応援するとやる気がましますので、
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
今回は5分足のスキャル手法を紹介します。
nixさんの開発した手法です→本家ページ
必要なインディケーターとテンプレート→DL先
今回はDLするのに、メンバー登録する必要があります。
めんどくさいと思いますが、お願いします。
フリーのメールアドレスと仮名でも大丈夫です
エントリールールの解説です。

ロングエントリー
1.Price triggerが+1になる時
2.オレンジの線(volatility pivot)よりローソクが上にある
ショート時は逆になります。

ロングエントリー例(ユーロドル5分足)
WS000366.JPG
(クリックで拡大できます)

赤い矢印がエントリーする所です。
サインがたくさんでますが気にしないで下さい。

次にポジションを閉じる時のルールです。
今度からイグジット(EXIT)ルールと呼びます。
1.逆のサインがでた場合(ロングエントリーしてた時にショートサインが出るなど)
2.オレンジの線(volatility pivot)を利用して、そこを損切りにして
上昇(下降)していく場合どんどん値が切りあがっていくので
それをトレール注文のように使用します
3.nonlagdot(赤と青の点)がショート時に青に変わった時、ロング時なら赤に変わった時に手仕舞い

かなり明確なルールなので手を加えるところはほとんどないでしょう
順張り系の手法なので、問題はレンジ相場の回避ぐらいでしょうか。
利確にオシレーター系のテクニカルを加えてもよさそうですね

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます



2008年11月16日

The Only Pivot1時間スキャル手法(2)

G20が終わり、月曜日は朝から動きそうですね。
では早速The Only Pivot1時間スキャル手法
いじっていきたいと思いますw
momentumがいまいち使い方がわかり難いので、RSIに変えてみました。
WS000358.JPG
(クリックで拡大できます)

次にレンジ相場をどう判断するかですか、
Damiani_volatmeterというインディケーターをあててみました
WS000359.JPG
(クリックで拡大できます)

緑のラインが上ならトレンドで灰色のラインが上ならレンジと判断
インディケーターは、ATRから判断する方法を取っています。
ダウンロード先→Damiani_volatmeter.mq4

損切りは、最初と同じで40pips〜ぐらいで
利確は、RSIが30か70タッチなどでいいかなと思っています。
サポートとレジスタンスのタッチかその手前ぐらいで利確など
色々とあります。
40pipsの利益がでたらそこからトレールにしていくなどもいいですね
今回はレンジ相場回避に重点を置いてみました。

最後にオススメ口座を紹介します。
今回は、FXブロードネットです
ここの目玉は、やはりドル円・ユーロドルのスプレッドが0.5銭
レバレッジが400倍なので少ない資金でもポジションを持てます
下のバナーから口座開設できます
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

2008年11月15日

The Only Pivot1時間スキャル手法

頑張って更新してますよ!!w
ってことで今回はtony_dtraderさんの1時間スキャル手法を紹介します
本家のページ→The Only Pivot
インディケーターは、TOPページのthe_only_Pivot.zipをDL出来ます
これもDLしたら便利なので追加でどうぞ→DL先
時間は1時間足で、ポンド円・ポンドドル・ユーロ円が推奨です
これで設定がすべて完了したと思うのでエントリールールの説明です

ロングエントリー
その日の始値を2SMMAがゴールデンクロスしたら、
次のローソクエントリー


ショートはその逆です。

実際のエントリーサインを見た方がわかりやすいので載せます。
WS000355.JPG
(クリックで拡大できます)

先ほど紹介したインディケーターがアラート機能があるので
わかりやすいと思います。
ストップロス(損切り)は、30-40pipsです。
リミット(利確)は、
レンジ相場ならばポンドル・ユーロ円で少なくとも30pips以上で利確
ポンド円で45〜50pipsで利確とします。
momentumは、利確の時に売られすぎ・買われすぎの判断
使うそうですが特に決められた数値はないみたいです。
オシレーター系のテクニカル(RSIやRCI)ならなんでもいいみたいです
Pivotを使って利確・損切りを決めてもよさそうです
多分そのためにPivotを表示してるはずなのでw

利確と損切りがもっとはっきりしたのがあればよさげですね
レンジ相場をどう判断するのかも大事ですね。

最後にオススメ口座を紹介します。
今回は、FXトレーディングシステムズです
ここの目玉は、やはりドル円・ユーロドルのスプレッドが0.5銭
レバレッジが400倍なので少ない資金でもポジションを持てます
下のバナーから口座開設できます
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

2008年11月13日

Gann Hilo DMI System1時間スキャル手法(2)

前回の手法の続きとなります。
1時間の順張り系の手法となるのですが、
利確が曖昧なのでそこら辺を決めていければいいなと思っています。
Heiken Ashiというインディケーターを使って、
ショートなら赤から青に変わったら手仕舞い
ロングならその逆になります。
ダウンロードはこちらから→DL先
WS000349.JPG
(クリックで拡大できます)

後は単純ですが、パラボリックを使った利確方法です
WS000350.JPG
(クリックで拡大できます)

ショートの場合点線が下に来たら手仕舞いになります
これはデフォルトで入ってるのでそのまま使えます。
Parabolic Sarという名前です。
オシレーター系のテクニカルを使用しているので
トレンド系の組み合わせがいいかなと思ったので使ってみました。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

2008年11月12日

Gann Hilo DMI System1時間スキャル手法

今回紹介する手法は、Gann Hilo DMI Systemです。
Gann Hiloインディケーターの名前です。
本家のページ→Gann Hilo DMI System
インディケーターはこちらから→DL先
今回はテンプレートがないので、数値は自分で設定して下さい。
使用するテクニカルの数値です。
Gann Hilo - 10
DMI - 8、20にラインを表示させて下さい
QQE - 5

ショートエントリー
1.ローソクがGann hiloよりも上にある
2.DMIの赤い線が20以下にある
3.青い点線が青い太い線より上にある

ショートエントリー例
WS000348.JPG
(クリックで拡大できます)

エントリーの時の注意点として、
ローソクの始値が終値より3pips以上ないといけません
ローソクの始値と終値が90pips以上の時はトレードをしないで下さい
ストップロス(損切り)は75pips利確は決めてないそうです
手仕舞いの条件として、Gann Hiloがポジションと逆の方向にいった時

リミット(利確)の方法が決まってないので
そこを決めていきたいですね。
次回でそこら辺をやっていきたいです。

最後にオススメ口座を紹介します。
今回は、FXトレーディングシステムズです
ここの目玉は、やはりドル円・ユーロドルのスプレッドが0.5銭
レバレッジが400倍なので少ない資金でもポジションを持てます
下のバナーから口座開設できます
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

2008年11月09日

Metatrader4のサーバ紹介(2)

Metatrader4サーバを紹介していきます

Northfinance  demo.fxteam.ru
NYダウ・ナスダック・S&P500と金・銀、原油・ガス
株価先物指数やNYダウ銘柄が見れます。
通貨ペア:豊富


Varchev Finance Ltd 213.16.33.131
NYダウ・ナスダックや世界の株価指数が豊富
先物やアメリカ・ドイツ・日本など幅広い銘柄があります
通貨ペア:普通


GrandCapital LLC 208.101.37.188
NYダウ・ナスダックなどはもちろんVIX指数まで見れます。
他にもアメリカの個別銘柄や原油やガス、金・銀もあります。
通貨ペア:まぁまぁ豊富


WSD Financial (NZ) Limited 210.55.141.74
金・銀のみ見れます。
通貨ペア:豊富


121Lab-Server 219.118.175.141
通貨ペア:普通

サーバの設定の仕方などはサーバ紹介の最初の記事を見て下さい。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ


posted by take2 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metatrader4関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

Pbar Swing Systemスイング手法

今回は長めの取引スタイルの手法を紹介したいと思います。
Zunitさんが開発した手法になります→本家ページ
必要なテンプレート→DL先
早速エントリーの説明に移ります。

ロングエントリー
1.RSIのピリオード2が50を越える
2.ADXの16以下になる
3.Stochasticがクロスしたらポジションを清算(利確でも損切りでも)

ストップロス(損切り)は80pips3つ前のローソクの最安値に設定
エントリー例は四時間足で表示しています
WS000331.JPG
(クリックで拡大できます)

このエントリーはショートの例です。
ショートは先ほどのロングの逆なので、
RSIが50以下でADXが16以上の時にショートします
そしてstochasticが下でクロスしたので手仕舞いとなっています
テンプレートをDLした中にもエントリー例があるので
確認してみて下さい。

最後にオススメ口座を紹介します。
今回は、FXトレーディングシステムズです
ここの目玉は、やはりドル円・ユーロドルのスプレットが0.5銭
レバレッジが400倍なので少ない資金でもポジションを持てます
下のバナーから口座開設できます
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

posted by take2 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Zunitさんスイング手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

The Force 5min system5分スキャル手法

今回も翻訳が難しいというか、めんどくさかったですw
ユーロドルの5分足スキャルピング手法になります。
本家のページ→The Force 5min system
テンプレートDL→DL先
今回使うインディケーターは、
MACDとStochasticと5EMAのopenとcloseを使います。
テンプレートですべて設定されているので問題ないと思います。

ロングエントリー

1.スキャティクスが20ラインからクロス
2.MACDが上昇している(階段のように上がっていく感じ)
3.シグナルのローソクの終値より上にいく時(これはちょっと曖昧です)
4.5EMAのopenを5EMAのcloseが追い抜く(ゴールデンクロス)

ストップロス(損切り)は、一個前のローソクの安値20pipsです。
5EMAのcloseを5EMAのopenが追い抜く(デットクロス)の時に利確します

ロングエントリー例
WS000329.JPG
(クリックで拡大できます)

ちょっとエントリーの説明がわかりにくいですねw
私の英語力の問題ですがww
5EMAの使い方がおもしろい手法だと思いました
もっと改良すればいいものができそうな感じですね。

最後におススメスキャル口座を紹介します。
ODL JAPANです。
このサイトでも使用しているメタトレーダー4リアル口座で使えます
ドル円、ユーロ円他7通貨でスプレッドは2PIPS!!
貴金属、原油まで同一の取引ツールで取引可能
手数料、口座維持管理費はもちろんかかりません
下のバナーから口座開設できます


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。